読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九割九分九厘蛇足

あいうえお作文製造機 0.1%くらい役に立つことを書く(予定)

【あいうえお作文】2017/4/24~4/30

末尾にも書きましたが、来週からは1日ずつ更新しようと思います。

 

 

 

 

2017/4/24
お題「ビッグマム」

びじん
つややか
ぐらまらす
まちゆく
むれのなか


・お題について
月曜ということで、ワンピースのビッグマム。コミック派もいるだろうからネタバレしないが、今本当に面白い。

 

・作文内容について
街行く人の中にはこういう人が一定数いる。目の保養。人のことを群れというのは悪い気もするがまちでむらむらよりは100倍マシやろう。

 

 

------------------------------
2017/4/25
お題「ワラジムシ」

わかざむらい
らくして
じけんかいけつ
むこのたみを
しごとですくう


・お題について
(虫嫌いな人注意)
この日、職場体験の一環で、清掃体験をしたのだが、その内の1つに、溝の掃除があった。
普段どうなってるのかよく分からなかったのだが、1ヶ月ほど掃除していないらしくて、枯れ葉と泥塗れであった。
予想通りと言えば予想通り、虫が結構いる。アリとか、ゴミムシの仲間ぽいのとか、ヤスデみたいのもいた。
ダンゴムシかワラジムシもいた(どっちか分からなかった。突っついたら分かったが、するの忘れた)。子供の頃はよく、突っついて遊んでいたが、ダンゴムシからすればたまったものではなかっただろう。
それでお題をダンゴムシにしようと思ったが、"ん"から始まる言葉をお題にするのは極力避けたいのでワラジムシに。
まぁ"ん"から始めても良いし、実際に過去に「んー」とか適当な言葉で何回か凌いだが、"ん"から始まる言葉というのは、実質、地名の「ンジャメナ」かドクタースランプに出てくるアラレちゃんの「んちゃ」か「んちゃ砲」くらいしかないのだ。流石に選択肢が狭まりすぎる。


ここからはどうでも良い話なのだが、掃除中に、虫にも命はあるしなぁとか、この枯れ葉を全部取り除くと、果たして生きていけるのだろうかなどと考えていた。
これから生きていくどころか、泥を掻き出しているときに何匹かは死んでそうだ。
もしかしたら、虫を殺した罰で、神様が私を地獄に落とすかもしれない。

それでちょっと枯れ葉と泥を残しといてやろうかなと考えたが、職員の人はすべて掻き出してほしそうだった(当たり前だが)。

そもそも、こういう人工物の中に住むのが悪いのだが、その人工物は人間が作ったわけで、結局人間の驕りに他ならないなと。

 


・作文内容について
ぐうたら若侍が、ひょんなことから探偵に!?やる気のない若侍だが、熱血岡っ引きに猫耳侍女を引き連れて何時の間にか事件を解決!!ってか。設定盛りすぎ。でも今どきあるかもね。
ちなみに「むこのたみ」は「無辜の民」

 

 

 

------------------------------
2017/4/26
お題「サクラダリセット

さいこうの
くおりてぃの
らいとのべる
だきょうせず
りゅうのえにめをいれて
せかいにそのなを
つかのまもなく
とどろかせろ


・お題について
放送された分を一気に見ました。今のところ私好みの感じです。
ループものだが、ループできるのは1回ということで良いのかな?原作が気になったときもあったのだが、結局読んでいない。

ネットの評判をちょっと見てしまったのだが、原作と順番が違うようで、このペースだと視聴者が離れる云々とよく言われていた。ちょっと退屈なだけで見るのやめてしまうくらいなら、何で見始めたんだと思うのだが...
私は、最初に何見るか決めて視聴するタイプだからそう思うだけなのだろうか?


・作文内容について
妥協を許さない職人肌のラノベ作家。職人というのは物静かだがとてつもない熱意を持っている。
それを多くの人が知るべき。特に大企業の人事は。


「りゅうのえにめをいれて」は画竜点睛のこと。自分で説明するなって話だが...

 

 

 

------------------------------ 

2017/4/27
お題「analysis」

alternative
norm
alternative
loyalty
yet
survive
immortally
survive

 

・お題について
最近ようやく、はてなブログアクセス解析の見方が分かった。1番見られてそうなのが、エロゲ記事だった。1番力を入れてる(?)あいうえお作文は、からきしだった。エロなのか。やっぱエロなのか。そんなにエロが好きか。俺も好きだ。

 

・作文内容について
規範も忠誠も取って代わられるこの世界。けれども生きよう。不死になってでも。

 

 

 

------------------------------

2017/4/28
お題「dirty work」


drifting
inverted
reverse
trigonal
yacht was
wrecked by
overwhelming waves and
remains
kindly at the abyss


・お題について
Austin Mahoneの。頭に付いた。知ってる人も多いと思うがブルゾンちえみのあれ。
だでぃわー。だりわーのが近いかもな。


・作文内容について
物凄い大波で、前も後ろもないヨット。難破するも今では深海で佇んでいるよ。
なるべく1行に1語にしようと思っているが、時間かかりすぎたので、ちょっと制限緩めました。

 

一応貼っときます。

www.youtube.com

 

 

------------------------------
2017/4/29
お題「積極性」

 

せかいが
つくられた
きねんび
よきかな
くものうえ
せかいは
いまだけんざい


・お題について
はてなブログには、ブログチャレンジというものがあるが、最近まで全く見たことがなかった。いや、初めてすぐは見たかもしれない。
とにかく、放置していて、ずっとレベル1だった。初心者は、一先ずこれに沿ってみれば良かったのだ。
やっと、アクセス解析がどうとか読者数がどうたらこうたら言うのが分かった。
まず、自分から積極的に読者になったりしないと、読んでもらえないのは必至か。それかよほど面白いこと書かないと。 

 


・作文内容について
人間ではないだろう。人間は今や生態系のトップに君臨していると思われるが、上位の存在というものを渇望しているかもしれない。でもそれは今に始まったことではなくて、古来よりのことか。それに、他の生物を下位に見るのはやはり驕り。

 

 

 

------------------------------ 

2017/4/30
お題「高木貞治


たよりをまつ
かんじゃさん
ぎりぎりまで
てがみを
いっそう
じあいする

 


・お題について

今日は色々あった。妖姫のおとむらいを読了したし、東大クイズ王を決めるテレビ番組を見た。

 

妖姫のおとむらいは記事を書いた。


クイズ王だが、この手のクイズ番組では毎回2~3個くらいの問題は出演者と同じくらいのスピードで分かる。
今回は、雲、坊ちゃん、紫陽花、サモトラケのニケ辺りは解答者と同程度の早さで分かった。

雲は分かったに入れたけど、水雲で「もずく」は読めなかったな。あとの3つが入るなと思ったからぶっちゃけ勘だった。

ガブリエルは痺れた。問題文読む前だったもんね。ああいうの見たら、絶対幽白の天沼思い出す。
ダリの絵は、知ってたけど、インゲンマメだっけ?をイメージしてるのは知らなかったな。サヤエンドウだったかも。後で調べ直しとくか。
本多忠勝は、刀剣乱舞やってたら、分かった問題か。今からでもやろうかなぁ。
あと天使の取り分は良いな。覚えとこう。

大学のサークルは、クイズ研究会とか入ったら良かったかもな。まぁ今更言っても詮無いこと。
The past is in the pastだ。アナ雪じゃないけど。そもそも研究会自体あったのか分からん。

勉強というのは、基本的に暗記には頼らず、理解することを先行した方が良いが、最後は暗記する必要があるなぁと個人的にはそう思う。

 


さて、結局お題に選んだのは、高木貞治
青空文庫を覗いていたら、高木貞治を見つけて驚愕。そのまま流れで、『回顧と展望』を読む。あの時代の生の声を聞いて(というか見て)圧倒されてしまった。つーか、HilbeltとかFrobeniusに直に会ってるんだ。あと、日本人が留学に来たなら、直に猿も留学に来ると嘲笑されたエピソードに対する誤解についても、これを読まなければ分からなかったな。

もっとちゃんと勉強すれば良かったなぁ。これもThe past is in the pastか。
それに、今からでも勉強は出来るか。まぁ本当は、勉強なんかしてる場合じゃないんだけど。

 

リンク

図書カード:回顧と展望

 

 

・作文内容について
今はこんなことないんだろうなぁ。今は、世間、個人問わず、あらゆることに対して反応が早すぎて、思いを馳せている間もないから。

 

 

一応貼っときます。

www.youtube.com

 

 


来週からは、やっぱり個別で記事を上げようと思います。
お題を選んだ理由と内容について書けば作文1つ当たりでも、それなりの長さになるかなということで。
方針が、ぶれぶれだが、来週に関してはそのつもりでいます。