九割九分九厘蛇足

あいうえお作文製造機 0.1%くらい役に立つことを書く(予定)

2017年6月8日付け読売新聞英語クロスワード#1617 自分用メモ

英単語の定着を図るための自分用メモです。


答えが出てからまとめてますが、決して自信がないからというわけではありません。


コメントは結構適当な部分もありますので、あまり鵜呑みにしないでください。


以下で出てくるOALDとは、Oxford Advanced Learner's Dictionaryのことです。

 

 


<ヨコのカギ>

1. 五輪のヨコ19の競技では、最初の種目
SWIM

 

ヨコ19参照。

 

 

 

5. Time and tide ___ for no man.(歳月人を待たず)
WAIT


ことわざ。日本語版も英語版も好き。

 

 


8. 中立の、中性の
NEUTRAL


ニュートラルと日本語にもなってる。

 

 

 

9. 五輪のヨコ19の競技では、二つ目の種目
BIKE

 

ヨコ19参照。

 

 

 

11. 拒否権
VETO


初めて見た単語だった。縦が全部分かったから、埋まったけど。

 

 


13. ヨコ19の競技の種目の数
THREE


ヨコ19参照。ていうかするまでもないけど。

 

 


16. 口紅を塗るところ
LIP


lipは唇とその上側も含むらしい。つまりmustache(口髭)が生えているところもlip。
beardはあごひげ。シュークリーム屋さんのビアードパパビアードパパはここから。ビアードパパは口髭も生えてるからマスタッシュパパでもあるけど。

 

 

 

18. 過去形はbought
BUY


中学英語だー。懐かしすぎてワロタ。

 

 


19.五輪では、合計距離51.5キロメートル
TRIATHLON


1977年、ハワイで、「マラソン、遠泳、ロードレースのどれが一番過酷か」という議論が巻き起こって、この際全部一緒にやってしまおうと言うことで行われたらしい。どの国もおんなじようなことやってんなぁ。
ちなみに、初めて行われたのは1974年らしい。だから上記の議論が発祥という訳ではなさそう。

 

すべてWikipedia参照。

トライアスロン - Wikipedia

 


20. a ___ toilet(有料トイレ)
PAY


ちょっと考えたが、有料だから、金を払うということでpay。

 

 


21. ___ number(奇数)
ODD


偶数はeven number
oddは他に変わってるとか、奇妙とかの意味。evenは平らとか公平とか。
あくまで個人的にだが、イメージは合ってる。

odds and evensで「丁か半か」らしい。どの国もおんなじようなことやってんな。


odds and endsで様々な細々したもの。

 

 

 

22. 号砲が鳴って…
START

 

駆け出せー。

 

 


25. 本当の、現実の
REAL


リアル。りあるこわい。

 

 


27. 雇う、賃借りする
HIRE


過去のメモを参照。下記リンクのタテ3

2017年5月25日付け読売新聞英語クロスワード#1615 自分用メモ - 九割九分九厘蛇足

 

 

 

30. 最近よく耳にする___ drugは後発医薬品のことです
GENERIC


最近よく耳にするらしいが知らなかった。


特許が切れた医薬品(先発医薬品)を基に似たような医薬品(後発医薬品)が乱立してしまった。
名前が違うのに、効果が一緒なので、処方する側もされる側もたまったもんじゃない。
そこで、有効成分の名前を使ってしまおうとなる(成分の名前は一意に決まるから)。
だから、一般的な(名前の)医薬品(generic drug)と呼ぼうとなった...

ということで良いんだと思うが...

これを見てると、後発医薬品という名前はかなり分かりにくいなぁ。
こういうとき英語は便利ですわ。


Wikipedia参照。

後発医薬品 - Wikipedia

 

 

 

31. A friend in ___ is a friend indeed.(まさかのときの友こそ真の友)
NEED

 

知らなかったし、辞書にも載ってなかったが、意味的にneedで通じるし、a friend in needとa friend indeedで韻も踏んでるしまぁこれだろうと。

 

 

 

32. 前面はthroat、背面はnape
NECK


throatでneckと分かったが、napeは知らなかった。

しかもthroatは喉だが、食道にしか使えないと思ってた。

 

OALDによると
1. a passage in the neck through which food and air pass on their way into the body;the front of the neck:

だから、どっちにも使える。


ランダム英和大辞典によれば、

口から胃、または肺までの通路の部分。もしくはあごの下から鎖骨の上部に至る首の前の部分。

 


napeはnape of neckの形で使うみたいだ。

うなじには独特のエロスがある。

 

 

 

<タテのカギ>
1. 補欠選手、代役
SUB

 

アメリカ英語ぽい。

 

 


2. 墨もこれの一種です
INK


えー分からん、墨って膠から作られてるんだよなぁとか思ってたが、考えすぎだった。
インクは、書いたり描いたりするのに使う液体だから、意味としては割と広そう。

 

 


3. ___ trouble halfway(取り越し苦労する)
MEET


イディオムとして覚えてしまおう。

 

 


4. かき回す、かき混ぜる
STIR

 

知らなかったら難しそう。

 

 


5. 寄せては返します
WAVE


寄せては返す。なんか良いよね。

 

 


6. 英国のビールの一種。上面発酵法で作られます
ALE

 

多分エールやろなーとは思った。全然詳しくないけど。

ビールは大体アルコール度数が低いのは知ってる。いつまででも飲めそうやな。

 

 


7. ___ late(遅すぎる)
TOO

 

tooは過ぎる。

 

これのタテ6も参照。

2017年5月25日付け読売新聞英語クロスワード#1615 自分用メモ - 九割九分九厘蛇足

 

 

10. まねる、模造する
IMITATE


アニメポケモンメタモンを持っているトレーナーで、イミテというのがいた(確か)。

 

 

 

12. ピカッと光ってゴロゴロ…
THUNDER

 

司令官、私がいるじゃない!
はわわわ!びっくりしたのです

thunderは雷の音。lightningが雷の光(稲妻)。みたいだけどthunderは文脈によってはどっちの意味も含んでそうだ。
両方使うときは、thunder and lightningの語順らしい。音より光のが断然早いが、語順はthunderのが先。

 

 

 

14. 胸の中でドクドク脈打つ

HEART


メッチャ良い曲。

www.nicovideo.jp

 


15. 麻酔にも使われた有機化合物
ETHER

 

キーワードとして埋まってるので、答える必要なし。
知らないと難しいかも。これが日本語でいうエーテルだとは思わないかも。
化学用語は初見だと、一瞬考えるのが多い気がする。

 

 

 

17. 詮索する、のぞく
PRY

 

知らなかったが、縦が全部埋まったから分かった。

 

 

 

18. ブーという、やじる
BOO

 

そのままでワロタ。

 

 

 

22. 雪の上を滑ります
SLED

 

そり。初めて知った。娯楽用、スポーツ用、犬に引かせる用全部に使える。sledgeの略。アメリカ英語。
イギリス英語ではtoboggan。

 

 


23. an ___ code(市外局番)
AREA

 

(自分とこ以外の)地域の番号。調べんと分からんかったが、もうちょっと考えても良かったかも。

 

 

 

24. ⇔thick
THIN

 

まぁ普通に。

 

 


25. 五輪のヨコ19の競技では、三つ目の種目
RUN

 

ヨコ19参照。

 

 

 

26. the Stone ___(石器時代
AGE


ageはeraより長いみたいだ。epochはeraと同じだが、更に短くて、明治維新みたいな変革のときっぽい。

 

 


28. shaved ___(かき氷)
ICE

 

そのままだー。

 

 

 

29. ヘラジカ
ELK


ヘラジカはでかい。マジででかい。本物は見たことないけど。

 

 

 

 

 

全体について
トライアスロン系は、オリンピックが近づいてきたのと、体育祭が行われる季節だから?
他には自然系とか医療系のが多かった印象。