九割九分九厘蛇足

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九割九分九厘蛇足

流行は追わない どうでもいいことは追う

【艦これ】17冬イベ1人反省会

艦これ

ブログ開始して間もないのに更新しなさすぎだろjk

 

需要ないと思いますが、やるだけやります。

いや、需要ならある。自分に。

 

以下、それぞれの海域について、掘りについて、反省点の順。

 

 

E1

甲でクリア。輸送作戦。

 

編成

伊401 伊168 伊8 伊19

 

楽だった。撤退1回もなかった。

せっかくだから58出してやれば良かった。バナーにもなってたし。

 

------------------------------------------------------------------------------------

E2

甲でクリア。輸送作戦。

 

編成

輸送部隊第一

鈴谷 水無月 春風 神風 春雨 熊野

輸送部隊第二

鬼怒 叢雲 愛宕 高雄 初霜 初月

 

機動部隊第一

鈴谷 Italia Graf 千歳 千代田 熊野

機動部隊第二

鬼怒 木曾 愛宕 高雄 初霜 初月

 

神風と春風を改造して間もない状態で出してしまった。すまん。まぁ装甲さえmaxにしておけば何とかなる。輸送だし。

途中からは機動部隊で。TP調整ミスったのはいつだかの記事で書いた通り。

今見たら、第二艦隊、鬼怒以外輸送に向いてる艦いねぇ...何考えてたんだ。

------------------------------------------------------------------------------------

 

E3

甲でクリア。

前半が彩雲輸送作戦で後半が敵泊地攻撃作戦。

 

編成

彩雲輸送作戦

伊401 伊168 伊8 伊19 伊58 呂500

 

敵泊地攻撃作戦

機動部隊第一

榛名 金剛 比叡 霧島 龍驤 祥鳳

機動部隊第二

阿武隈 秋月 夕立 鳥海 時雨 北上

 

 

前半戦

彩雲はいっぺんに2つ持って行った。道中で、開幕雷撃も支援もエリツを見事に避けて、ギョッとした場面があった。結局中破止まりで、持ちこたえて1発クリア。まぁ予備の彩雲5つくらいあったから多少は平気だったが早いことクリアしてくれるに越したことはない。

 

後半戦

水上打撃で軽空に艦戦ガン積みでもボスマスで優勢取れなくてびっくり。ちとちよをE2で使ってしまったのが悔やまれる。仕方ないので基地航空で零戦21熟練を入れてみると、優勢取れることが判明。更に1つのスロットを岩井爆戦に変えても取れることが判明(ちゃんと計算しろ)。

ちまちま削って、ギミック任務出してからは1発でS勝利。とどめは北上様。何気に北上がラスト決めたのは初めてだと思う。ウチの北上もようやくやる気を出してくれたか。

装甲ギミックの方はやらなかった。

あとフラヲ改いすぎ。

 

------------------------------------------------------------------------------------

掘り

今回は 攻略中に出てきてくれませんでした。なので掘らねばならず。

ちなみに私はゲージ割ってから掘る派です。

 

結論から言うと、伊13は掘れて藤波は掘れなかった。伊13を先に掘って、出たら次に藤波を掘る作戦で行き、イベント終了ギリギリまで伊13を掘っていたため。

いつもならイベントマップの若い番号順に掘るのだが、今回は逆にした。先に伊13を掘った理由は、今後の出やすさを考えたから。藤波は次か次の次あたりでドロップする可能性はある。しかし、伊13は多分そんなにすぐドロップしない。したとしても、かなりドロ率は少なくキツいと思われる。勿論、最初に追加されたときが1番出やすいパターンも多いので、コンプするつもりではいるのだが、上記の理由で変更した。

 

伊13しか掘れなかった訳だが、正直キツかった。むしろここ最近の運が良すぎたかもしれない。それにしたって、イベ最終日まで掘ってたなんて、アルペジオ以来だ(瑞鳳狙いだった)。消費資材は15夏以来の減り具合だったが、あのときは全員ドロップした。そして何かと焦りがあった。これが頂けなかった。私は、自分で言うのもなんだが、普段は結構淡々とこなせる方で、大破撤退しても、まぁもう1回出撃するかくらいの気持ちで挑める。でも今回は何故か負の思いがあった。そしてそれに呼応するかのように全く出てくれなかったのである。

しかし天は見放してなかった。日付が変わって最終日の夜中の3時半、これで最後、出なかったら仮眠取って、あと数回くらい出撃するかと思ったとき、出てくれた。本当に嬉しかった。艦これやって3年半くらいになるが、1番感極まったかもしれない。おかげで、艦娘図鑑コンプを逃すのが1年半ぶりだったにも拘らず、ここ数か月で1番気持ちよく眠れた。ゲーム如きでアホかと思われるかもしれないが、本当にそうだったのだから仕方がない。むしろ天は見放してなかったとかいう言い回しの方がアホかって突っ込みがきそうだ。

 

 

掘りの編成

第一

摩耶 榛名 金剛型から2人 龍驤 祥鳳or瑞鳳

第二

阿武隈 時雨or朝潮or霞 秋月 鳥海 大井 北上

 

時雨、朝潮、霞は護衛退避で赤疲労になったとき変更するつもりで起用。ただ、実質ほとんど朝潮だった。装備は対空マシマシで、撤退率が目に見えて減った。摩耶様入れて、打撃力は下がったが、基地航空が仕事して尚且つそれぞれ艦娘がそこそこの仕事をしてくれればS取れるときもある。結局ひとみちゃんはAで出てくれたけど。

 

掘りの副産物

時津風6 山雲6 高波2 天津風3 初風1

ときつとやまぐもですぎなんじゃ...

 

今後の課題

・秋月砲の改修maxをあと2本

・13号改をmaxに

零戦21熟練maxをあと1つ

零戦52熟練maxを出来れば1つ

・目当ての艦娘が出なくても焦らないw

 

 

藤波どんな娘なんだろうか...まぁしばらくは資源貯めつつZaraのレベル上げつつ適度にやります。

 

それより仕事探さないとなぁ(白目)

あとHTMLの勉強、いい加減しよう...見た目がショボすぎる。

批評を書いた

マサミツです。

 

傷物語の批評を結局書きました。

基本的に断定口調にしました。ずっと丁寧口調で来ていたので、違う人が書いたみたいになってますが私です笑

 

それだけです。100字も越えてないとかブログにする意味ないなぁ。これじゃあTwitterでも呟ける長さじゃないか。

次回からはもう少し考えてから投稿します。

【映画批評】傷物語(Ⅲ冷血編)

批評 映画

観に行ったので、少し書かせていただこうと思う。既に公開6週目に突入しており、これから観に行くという人は少ないと思われるので、これから視聴を誘うようなレビューにはならないと思う。何より本映画は3部作からなる作品群の3部作目である。これから見ようと思う人は稀だろう。
基本的に3部作目のみについて書くことになるが、理由を2つ挙げると、本サイトを開設して間もないからと、前半2部公開から時間が空いており、どうしてもライブ感が薄れると感じたからである。申し訳ない(まぁこの批評記事を楽しみに来る人がどの程度いるのかが分からないので何とも言えないが...)。


まず、感想を述べる前に、私の物語シリーズに関する知識を以下に書いておく。
原作:終物語(中)までは読んでいる。2月19日現在最新刊である結物語まで買っており、手元にはある(所謂積ん読状態)。
アニメ:猫物語(黒)暦物語以外視聴済み。
既読分の大筋、時系列は概ね把握しているつもりだ。


-----ここから本題-----


あらすじ
省略する。原作既読者には必要ないと思われる。未読者も公式サイトを見れば充分であると判断した。


演出について
3次元を意識した演出は、物語シリーズ並びにシャフトが関わった作品にはよくあることだが、セカンドシーズンが放映されている時期は少し薄れていたように感じる。しかし今作の演出は化物語時点に寄せているように感じた。

尾石監督曰く、化物語ヌーヴェルヴァーグ(Nouvelle Vague)なる、フランスにおける映画運動の影響を受けて作成されているらしい。そして本作は、そのヌーヴェルヴァーグの影響を受けた邦画を意識しているらしい。そういうこともあって上記のように私は感じたのかもしれない(あくまで個人的にそう思ったというだけで実際はどうかは分からない。)。日本を意識しているのに、フランス語がたびたび入るカット(物語シリーズでお馴染みのあれ、と言って分かってもらえるだろうか)が面白い。ちなみに主題歌もフランス語である。Ⅱ熱血編で「etoile et toi」、Ⅲ冷血編ではそのアレンジ版(確か~editionと書かれていた。~は多分フランス語)。Ⅰ鉄血編における、ED及びスタッフロールがどうだったか、何故かさっぱり覚えてないのだが、パンフレットを見る限り、1作目では主題歌は流れていなかったのかもしれない。

少し脱線したが、続いて、傷物語である意味最も注目される、体育館倉庫のシーンである。ここだけは原作越えたんでないかと思う。映像が付くと、ここまでになるか...と。私が阿良々木君だったら我慢出来ませんね笑  その辺のR18作品なんかよりよっぽど艶めかしかったです。
最後に、阿良々木君とキスショットの戦闘シーン。原作を読んでいるときから戦闘風景の想像は出来たのだが、改めて映像で見ると凄まじいと言える。凄まじすぎて、逆に笑えてきたが、パンフレットのインタビューによると、監督はそれも狙っていたようだ。私は手のひらの上で踊らされていたという訳だ。

 

最後に

本作品は製作に関わったあらゆる人の熱意が伝わってきた良作で、原作ファンもアニメから入ったファンも楽しめるだろう。

私は結末を知っていたが余韻を味わうことが出来た。帰りの電車ではずっと主題歌が頭の中に流れていて心地よかった。

キャラクターについて書いても良かったが、それぞれ観た人が魅力を知っているだろうから書かないで良いだろう。というのは言い訳で、声優陣のインタビューを見て、あぁ、これ以上のは書けないなと思ったから。特に忍野メメ役桜井孝宏さんの羽川に関するコメントは的確過ぎた。

 

【日記】2017/2/17

日記

マサミツです。

 

まだ分からないことだらけですが、プロフィールやらデザインやらを変えてみました。

ブログ開設した途端、記事を書こうというポップアップが右上に出たから、書こうと思っていたことが頭から飛んで、書けずじまいだったので、それについて書きたいと思います(人のせいか)。

 

以下、玉石混交。今日はまぁまぁ書くつもりです。

 

ブログ名に関して

私は、他の人がどうでも良いと思っていることばかり気になっているようです。しかし、0.1%くらいは、有用なことも書くかもしれない。そういう訳で、ブログ名は「九割九分九厘蛇足」です。座右の銘は流行は追わない、どうでも良いことは追う。

 

はてなにした理由

この人良いな、スゴいな、と思った人が何人かいたから。実を言うと、アフィリエイトで儲けてやるぜーという考えがなくはなかったが、未だ勉強中。はてなは、そこまで有利ではないみたい?

 

 

--ここから全然関係ない話--

 

艦これに関して

艦隊これくしょん、やってます。飽きもせずずっとやってます。

今日こそE2突破したい、と思い出撃。

よし、終わった。......

f:id:masamitsu999:20170218010558p:plain

 

Oh...

概算した感じギリギリ行けそうと思っていましたが、やっぱりちゃんと計算しといた方が良かったですね。

難易度はSを取らずに済むので、楽な部類かもしれないです。と言いつつ結構撤退しました。主に第2艦隊旗艦の鬼怒が大破して。第2艦隊旗艦は撃沈しないはずとは思いつつ、やはり不安。鬼怒が沈む...しかも、15.2改★6と夜偵★max積んでる鬼怒...うん、やっぱり撤退ですね。この後1回の出撃でクリアできたので、撤退して良かったです。松風着任、格好良い娘が来ました。藤波は出ず。また掘りに来ねば...

 

今日はこんなところです。意外と書けないですね。無理に書くのはやめた方が良いかもしれないですね。

 

 

あぁ、そういえば、初日と二日目と、早速いいねボタン(?)を押してくれた人がいたみたいです。こういうときってどういう反応を返せば良いのでしょう。どなたかご教示願えませんか。正直、2~3ヶ月は無反応だろうと考えていたので、驚いています。

【日記】(2017/2/16)

日記

マサミツです。

 

まだブログの機能とかほとんどよく分かってません。

分かってきたら多分面白くなってくるんだと思います。

 

今日は傷物語冷血編を観に行きました。

6週目ということで、ポートレートなるものをもらいました。本当は、混物語のどれかが良かったのですが、まぁ、仕方がないですね。

レビューとかやっても良いけど、3部作の内3部作目だけやってもな、というのが正直なところです。

 

...うん、今日はもう書くことないですw

多分今後も日記はそんなに書かないです。

 

ブログ開設

ブログ開設

はじめまして、マサミツと申します。

 

とりあえずテストも兼ねて投稿。

 

今どきブログは流行らないだろう。

しかし、それでもやろうと思う。自分には他のSNSより合っていると思う。

 

ただ、何を書くかまでは決めていない。自分のアイデンティティの1つである勉強について書くかもしれない。アニメや漫画、小説なんかのレビューまがいをやるかもしれない。ただひたすらその日あったことをだらだら書くだけかもしれない。常体で書くかもしれないし敬体で書くかもしれない(今のところ挨拶だけ敬体。そんなことして良いのか)。

 

決めていないことだらけだが、1つだけ決めていることがある。出来るだけ正直に書くこと。元々嘘をつくのを好んでないし、それほど上手くもないから、そこまで注意するほどでもないと思うが、こういう場ですら自分に正直になれないくらいだったらブログはやめた方が良いと思う。

 

もし上記を見た方がいらっしゃったとして、傷ついたら申し訳ない。これは私自身への警告のようなものなので、あまり気にしないでください。

 

とりあえず今日はこの辺にしときます。

お休みなさい。